不妊治療の知識が産み分けの大きな問題に

さて、ここで少し私自身の話をしたいと思います。私は不妊専門医として長年勤め、多くの患者さんと向き合ってきました。もちろん、みなさん「赤ちゃんがほしい」と切実に願っている方ばかりです。その中でわかったのは、不妊治療の現場で培った知識が、男女の生み分けに大きな力となるのではないか、ということでした。不妊専門医である私が、生み分け法を実践しているのはこのような理由があったのです。

不妊の現場から見えてきた産み分け方

不妊症とは「結婚し、避妊をしないで性生活を送っているのに、2年以上経っても妊娠しない」状態をいいます。簡単にいえば、体が「妊娠しない状態」あるいは「妊娠しにくい状態」です。この不妊症の原因をつきとめるのはとてもむずかしく、妊娠の過程を一から調べていきます。こうしてひとりの患者さんの状態を長くみていると、体のリズムがわかってきて、女の子が生まれやすい時期、男の子が生まれやすい時期がみえてくるのです。

産み分けの純粋な願いに応えたい

最近では、不妊治療を受ける人が、生み分けを希望することが多くなってきました。なかには不妊症の人は生み分けるべきでない、という意見もありますが、私はどんな理由であれ、患者さんの気持ちに応えたいと思っています。

また、晩婚化の傾向から、高齢出産のケースも増えています。もうひとりしか生めないかもしれない、だからこそのぞむ性別の子どもがほしいと思うのもひとつの形でしょう。ほかにも、はじめから子どもはひとりと決めているケースや、ふたりめは違う性別の子どもを、などさまざまな理由があります。これもライフスタイルが変化してきたゆえ。できるだけその願いを叶えてあげたいと思うのが、私の立場です。
参考サイト:

コンパニオンとダイエットの関係

はろろん(*^▽^)/★*☆♪

一昨日ね〜出勤前に
家から波之上ビーチまで散歩したの

それでね、波之上ビーチに行く途中に公園があって小学生の子達が鬼ごっこしてたからベンチに座ってみてたのね

見てたら女の子が近寄ってきて
『遊ぼう』って言われたから
ビックリしたけど
参加した

自分の体力の無さにガッカリした

すぐ追い付かれて鬼になってバテバテになっちゃったよお

久しぶりに鬼ごっこしたから自分の小学生の時を思い出したよ

そういえばね〜話変わるんだけど携帯の機種変更や料金の支払いは契約した店舗でしか出来ないと思ってたの

その事をまいさんときょうさんに言ったらねすっごく爆笑されたよ

わざわざ地元に帰って支払いしてた私

恥ずかしかった

ちなみに、私は沖縄コンパニオン嬢としてはたらいています

コンパニオン嬢は結構大変でスタイルを維持しないといけないから太ったらダイエットが必須です。
居酒屋でお酒も飲んだりするし。

カロリーは体熱に霧って消えるアルコールは高カロリーなので、ダイエット中は飲んではいけない、とよくいわれます。品成分表などで調べると、ビールは500cc、ワインは280ccで200キロカロリー前後と表示されています。しかしアルコールは体温の放熱を促すので、お酒自体のカロリーをあまり問題にする必要はないのです。

問題なのは脂肪分の多いつまみや飲酒後のラーメン、お茶漬けを禽べることで、これは肥満につながります。お酒を飲むと、炭水化物も体脂肪として蓄えられやすくなるためです。逆にいえば、お酒を少々飲んでも、脂肪分や炭水化枷を控えるようにすれば、すぐに太るということはありません。

アルコールには套欲増進効果があるために、飲酒は肥満の原因になりがちですが、大酒飲みはスリムになるのが一般的です。アルコールを飲み過ぎて満腹になり、結果として食事を禽べずに終わってしまうからです。やせるためには徹底的に飲むのがいいといえそうな話ですが、慢性脂肪肝から肝硬変を起こして寿命を縮めてしまっては困ります

歯周病治療専門医による徹底的なプラークの除去

歯科の2大疾患といわれている虫歯・歯周病の原因は細菌の塊であるプラークです。

歯科医院では、このプラークの除去に最大の力を注いでいます。院長は「一番大切なことはこのプラークを除去するプラークコントロールです。しかしこの紫本であるプラークコントロールが不十分な患者さんがほとんどです。これでは歯周病は治りません。歯科の治療はプラークコントロールがすべてと言っても過言ではありません。

これによって御自身の歯を一生美しく健康に保つことができる」と断言します。

充分な診療時間の確保、国際水準のインプラント技術と知識

不幸にして歯を失ってもインプラント治療で再び歯を作る事がで来ます

高度な医療技術と識が必要とされますが「当医院ではNewYork大学・国際インプラント学会等の研修会に参加し、際水準のインプラント治療を学んでいる院長が治療にあたります。複数の患肴さんを同時進行で診療するようなことはせず、平均1時間に1人、1日では8人の患者さんしか治療致しません。肉眼では見えない繊細な部分の治療を可能にするマイクロスコープを使用し、基本に忠実な精度の高い治療を行っています」

歯科の治療は、歯科医の判断だけで行われるものではなく、患者さんの考え方、価値観によって変わってくるものと思われます。
先ずはご自身のご希望、どのようにしたいのか、どんな治療をご希望なのか、おっしゃっていただくことから治療は始まります。
歯科が嫌な方で歯周病の方は歯磨き粉で治療もできます。歯周病歯磨き粉ランキングであなたに合った歯磨き粉を選びましょう。

体外受精とは何なのかを考えてみる

体外受精のことを英語ではectosomatic fertilizationといいます。
医学界では体外受精のことをvitro fertilisationとよび、頭文字をとってIVFといいます。

自然の受精においては、卵巣内で成熟した卵が卵管内に取り込まれ、そこで精子とであい結合して成立します。

ですから受精が成立するためには、卵管の通過性が良好でなければなりま
せん。ところが、卵管に何らかの障害があって通過性が悪く、治療によってその障害を取りのぞくことも不可能なような場合には、体外受精に頼る以外に子どもを得る方法がありません。
そういう場合、卵巣から直接的に成熟卵を採取して、その卵に試験管内で精子を接触させ人為的に受精させるのが体外受精です。

これによって受精した卵を、次に子宮内に入れて、着床することを助けてやらなければ、受精卵は成長しません。この受精卵を子宮内に入れてやることを、「胚移植」と呼んでいます。

肥移植をうまく成功させないと、せっかく受精した卵も、ガラスの中の生命で終わってしまうでしょう。したがって、体外受精は胚移植とともに成功させないと、何の意味もありません。
ですから体外受精とは、胚移植と組み合わせた一連の医療行為である、と解釈すべきです。

なお、胚移植のことをembryo transplantingといます。